■プノンペン観光・アクティビティー

カンボジア王宮cambodia palace

カンボジア王宮

シハモニ国王の住む場所

カンボジアのシハモニ国王が住むこの王宮には連日国内外の観光客で溢れかえっています。入場料はUS$6.25で無休できますが、イベントがある日は閉鎖されていて入場出来ません。またカジュアルな格好だと入場出来ない可能性がありますので、気をつけてください。金色をベースとした綺麗な建物は1991年にフランス人建築家によってデザインされました。王宮の隣には王室行事が行われてきた寺「シルバーパゴダ」「カンボジア国立博物館」があります。

営業時間:8:00~11:00 14:00~17:00  年中無休 入場料:US$6.25 
住所:Samdach Sothearos Blvd     

ワット・プノムWat Phnom

ワットプノム

プノンペンで最も歴史のあるお寺

丘の上にあるワット・プノムは1372年に建てられたお寺でプノンペンで一番古いお寺と言われています。階段を上がっていくと本堂があり、現地の人も礼拝に訪れています。同寺院ではゾウに乗って公園内を一周出来るツアー(別途)があり、観光客に人気です。またワット・プノム内に住む猿による貴重品の盗難が相次いていますので、貴重品の管理はくれぐれも気をつけてください。ワット・プノムの周りには安価なマッサージ屋が数店並んでいます。

営業時間:7:00~19:00 無休  入場料:US$1
住所:Preah Norodom Blvd

トゥールスレン博物館Tuol Sleng

トゥールスレン博物館

ポルポト政権時代の残虐な拷問場所

元高校の校舎であるトゥールスレン博物館では、ポルポト政権時代に実際に残虐な拷問があった場所を博物館として公開しています。約2万人のカンボジア人がこの施設に収容され激しい拷問が行われたと言われています。同施設内には拷問された様子を書いた絵や実際に使われていた拷問用の器具、生還者の体験談などが展示されています。


営業時間:7:00~17:30   入場料金:US$2
住所:St.113

独立記念塔Independent Monument

独立記念塔

カンボジアの独立シンボル

シアムーク通りとノロドム通りの2つの大通りの交差点にある独立記念塔はフランス領からの独立を記念して1958年に建てられました。夜には綺麗にライトアップされておりプノンペンの夜を感じることが出来ます。(2012年8月現在は改装工事が行われています)

 

国立博物館Museum

国立博物館

カンボジアの貴重な歴史的芸術品を

カンボジア最大級の国立博物館は王宮の隣に位置しており年中無休で開館しています。カンボジア全土から見つかった彫像、彫刻など貴重な歴史的芸術品を間近で見ることが出来ます。

営業時間:8:00~17:00 入場料:US$3 
住所:Bat Ang Eng(王宮 北)  

キリング・フィールドKilling Field

キリングフィールド

ポルポト政権時代の大量虐殺所

プノンペンからバイク・車で30分の位置にある農村地帯にあるキリング・フィールドではポルポト政権時代に大量の虐殺が行われた場所です。キリング・フィールドには未だに多くの人骨が埋まっており、地面には虐殺された人々の衣類の切れ端などが落ちています。入場口にてガイドアナウンス(日本語有)の流れるヘッドフォンを借りることが出来ます。キリングフィールドの中心部には、9000近い遺骨が祀られている慰安塔が建てられています。

営業時間:8:00~17:00  無休 入場料:US$5 
住所:チェンエク村(プノンペン中心部より南西 約15km)

セントラル・マーケットCentral Market

セントラル・マーケット

なんでも揃うプノンペンの中心市場

プノンペンの街の中心部に位置するドーム型の建物セントラル・マーケットでは、食材から衣類、陶芸品、雑貨、靴、宝石などあらゆる商品が販売されています。英語が通じる店舗が多く観光客だと分かると高い値段で販売しようとする所が多いので、購入前に価格交渉をしっかりしましょう。

営業時間:7:00~17:00  無休 
住所:streets 126

ロシアン・マーケットRussian Market

ロシアンマーケット

カンボジアの骨董品・民芸品が多くならぶマーケット

1980年頃にカンボジアに滞在しているロシア人がよく利用するマーケットであったことから「ロシアン・マーケット」と呼ばれています。セントラル・マーケット同様に衣類、食材など幅広い商品が販売されています。なかでも骨董品・民芸品を取り扱う店舗が多いため、カンボジアらしいお土産を探すならロシアン・マーケットがお勧めです。日中のマーケット内の温度は熱くなっているので、夕方あたりの訪問が良いでしょう。

営業時間:7:00~17:00  無休 
住所:Street 163とStreet 444の交差点

パートナーズ

Citylife Guide Magazine
「英語で読む」
カンボジア総合情報フリーペーパー
citylife-logo
Citylifeへの広告掲載は This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it.(英語のみ)


VERO MEDIA DESIGN
プノンペン総合広告代理店

カンボジアでの広告・販売戦略に関するお問い合せは This email address is being protected from spambots. You need JavaScript enabled to view it.(英語のみ)

カンボライフについて

logo

当サイトはカンボジアに関する情報をより多くの方々に発信するために2012年2月よりスタートいたしました。

内容に関するご要望・ご質問は下記のフォームよりお問い合わせください。

{module 129}

Joomla 1.7 templates - Joomla template maker. Copyright2013:カンボジア総合情報サイトCAMBOLIFE© All Rights Reserved. -